FC2ブログ
2015 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 10
ギロチン台
2015/09/29(Tue)

立て膝の体勢が辛くて、

足を 床に着けてしまったsatomi。



ご主人様は、やれやれといったご様子で

里美のパンティの中に

ローターを入れ込みました。



20150929124537e6f.jpeg



じわじわと感じる振動に

satomiの身体は

勝手にくねってしまいます。



しばらく、ローターのもどかしい振動でいたぶられた後

また

立て膝になるようご指示が。



2015092912453873f.jpeg



パンティを横にずらされ

剥き出されたアナルに

ローターがねじ込まれました。



201509291245405c2.jpeg



アッ…

と、声が漏れ出てしまいます。


さっきまでのもどかしさとは違う快感が

satomiを襲い

気持ち良さに

身体中に、鳥肌が…



20150929124541000.jpeg



ギロチン姿で

アナルに異物を挿入され

悶える、淫乱なsatomiです。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(10) | ▲ top
紅い部屋
2015/09/27(Sun)

今回、入ったお部屋はSMルーム。

予約をしないと、入れない

人気のあるお部屋です。



全体が紅く染まったようなお部屋で

目に飛び込んでくるモノを見ては、ソワソワ。



先ずは、

バスルームで身体をキレイにし

殆ど意味をなさないパンティを穿きました。




真っ赤な拘束椅子に

後ろ向きで跪いて乗るように

ご指示を頂きます。



2015092717291121b.jpeg



すると ご主人様は

椅子の上部に付いている

太い鎖を引っ張りました。

ジャラジャラと音を立てて

背もたれの上半分が持ち上がります。



首と手を突き出したsatomi。

引っ張っていた鎖を緩め

satomiの首と手は、首から下と遮断されました。




究極の 首枷と手枷。

まさしく

ギロチン台に拘束された 奴隷そのものの姿です。



20150927172910291.jpeg



頭を動かしたくても、上下には殆ど動かず

少し焦ります。

しかも、しっかり膝と手首で身体を支えていないと

喉に輪が食い込んで

苦しくて仕方ありません。



20150927172912fe5.jpeg



椅子の下は、鏡。

下を向いているsatomiの視線に

剥き出されたソレが

しっかりと入ってきます。



20150927172914431.jpeg



喉が締まって苦しくて

すごい形相なのに

自分のソコを凝視してしまうsatomi。

恥ずかしい姿を晒しているsatomi。

屈辱的な晒し首のsatomi。



そんな想いに

身体は正直です。

ツゥっと何かが滴るのが

見えたような気がしました。





この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(8) | ▲ top
贅沢に 頂きました
2015/09/22(Tue)

今日もいいお天気。



20150922102707c17.jpeg



健康的に。

そして

ちょっと贅沢に

フルーツいっぱいのモーニング。



20150922102708d18.jpeg


ジュースは、クラウンメロンの搾りたて。

100%フレッシュです。

酵素もいっぱいで、美容にもバッチリ。

今日も、笑顔で元気に頑張りましょう。



20150922095931bec.jpeg


ちょっぴり、お腹もいい感じになってきたでしょうか。



20150922095932087.jpeg


あっ。

気のせいですね^^;



20150922095933a39.jpeg



この記事のURL | その他 | CM(12) | ▲ top
朝のひととき
2015/09/20(Sun)

今日はお仕事。

朝、出勤前に撮した写真です。



20150920144409977.jpeg



お尻をパチリ。



201509201444117d1.jpeg



前からもパチリ。



2015092014441128f.jpeg



今日もお仕事、頑張っていまぁす(o^^o)



この記事のURL | その他 | CM(10) | ▲ top
ご奉仕の時間
2015/09/18(Fri)

身体に付けて下さったイタズラ書きを

綺麗に拭き取ってくださったご主人様。




里美のご奉仕の時間です



20150918212117c4e.jpeg




最初は 里美のしたいようにさせてくださいました…

が、もどかしかったご様子で

グッと頭を掴み

強引に、

satomiの喉の奥に

反り勃ったモノを押し込んで来ました。




20150918212119875.jpeg



必死に…

でも、幸せを感じながらのご奉仕です。




20150918212121b86.jpeg


しっかりと

睾丸も

アナルも

綺麗にさせて頂きました。



この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(12) | ▲ top
変態 で ド淫乱
2015/09/16(Wed)

跨いでいた麻縄を上下に揺らされ、苦痛に顔を歪めていたsatomi。

それをご覧になっていたご主人様は、仕方ないといった様子で麻縄を外してくださいました。



ホッとしたのもつかの間…

お尻に不思議な感覚を覚えます。



20150916133637f66.jpg



あっ…

何をなさっているのか、分かりました。



201509161336499ea.jpg



胸にも…



2015091613365226c.jpg



お腹にも…




何と、そのままの姿で

部屋のドアを開けられてしまいました。





全身に、今までと違う雑踏の中のような

モヤッとした空気を感じます。



20150916133650a30.jpg



ホンの、数分だったと思いますが、

混み合うビジネスホテルの廊下。

足音が聞こえ、時には話し声や笑い声も聞こえてきます。



あまりの緊張と恐怖で

固まってしまったsatomi。

存在を悟られまいとするあまり

呼吸すらマトモに出来ません。




20150916133655bd7.jpg




引き戻された時には、

ヘナヘナと

腰が砕けたようになってしまいました。




麻縄渡りが出来なかった、罰。




ちなみに、何を書いてくださったのかは、

写真を見るまで 分からずにおりました。




ご主人様の綺麗な字に、あの時の緊張感も忘れ

思わず微笑んでしまったsatomiです。









この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(12) | ▲ top
痛くて…
2015/09/14(Mon)

麻縄を跨いだまま、なかなか前に進めないsatomi。

呆れたご主人様は、里美の首輪にリード代わりの縄を付けてくださいました。

「早く歩きなさい」

そうおっしゃり

グイグイッと、縄を引っ張ります。



20150914131544e28.jpg


「痛いっ。 苦しいっ。」

情けない事に、一歩も前に進めなくなってしまいました。



しばらく様子を伺い

お待ちくださったご主人様ですが

satomiが固まった状態でいる為に

リード代わりの縄を外し

目隠しをしてくださいました。



2015091417491153e.jpg




そして、跨いだ麻縄を上下に動かし始めました。


「痛い、イタイ…」

ヘタレなsatomiへの、罰です^^;





この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(10) | ▲ top
麻縄の痛み
2015/09/12(Sat)

ホテルの部屋の狭さを利用して



このように 20150914175751ec3.jpg




緊縛してくださいました。



20150914175754dbe.jpg



「歩け 前に進め…」

そう、おっしゃりながら

お尻を叩いてくださいます。




2015091417575232e.jpg




ですが

グイッと食い込まれた麻縄が

少し動いただけで秘部に擦れ

ヒリヒリと痛んで

なかなか前に進めません。



20150912195512936.jpg



ヨチヨチと歩いてはみたものの

「痛ぁい。 痛いです」

「擦れて、これ以上前に進めません…」

と、すぐにギブアップ宣言。



20150912202148e64.jpg



当然、お許しが出る訳もなく

「もっと早く歩きなさい」

と、叱咤の声が掛かります。



再び、ヨタヨタと歩き出すsatomi。



20150912202150ab2.jpg



苦痛の声が、部屋に響きます。






この記事のURL | 淫乱 調教 | CM(10) | ▲ top
特別な海
2015/09/09(Wed)

ご主人様の指で

何度も何度も掻き回され

突き上げる快感に酔いしれた後…




ご主人様自身が

satomiの中に入って来て下さいました。



これが、例えようのない気持ち良さ。



瞬時に

頭の中が真っ白になり

何も見えなくなりました。




聞こえているはずの水の音すら

耳に入らず

ただ、自らの喘ぎ声の大きさに

時折、我に返るだけ。



それも、すぐに快感の波に呑まれ

全身を性感帯にしながら

また快楽を貪るsatomi。




残念ながら、この時の写真はありません^^;



何度もイッた後…

いつの間にか

近くに一組のカップルが来ていた事に気付き

慌てて、ビキニパンツを穿きました。



201509092132176df.jpg



少し、カップルが離れた瞬間に…



20150909213219923.jpg



こんな写真を撮って下さいました。




20150909213219278.jpg


滅多に味わえない、特別な夏の海。

とても幸せな

海の中の出来事でした。



2015090921322182e.jpg





この記事のURL | その他 | CM(10) | ▲ top
海での痴態
2015/09/07(Mon)

写真を撮って下さったご主人様。



20150907182745794.jpg



当然?それだけで終わる筈もなく

しっかりsatomiで遊んで下さいます。



20150907182739add.jpg



ご主人様の指が入って来ただけで

なんとも言えない

心地よい快感に襲われるsatomi。



201509071827417af.jpg



ふわふわと漂いながらの痴態。



激しく掻き回され、突き上げるように押し込まれ

もう、周りを気にする事が出来なくなってしまいました。



20150907182742326.jpg



向きを変えられて、

後ろから指を突いて下さいます。

「あ〜っ…イィ」

声を抑える事が出来ません。



201509071827443c3.jpg


何度も何度も

頭が真っ白になり

ついに、お漏らしをしてしまいました。


辺りに生温かいモノが流れ

ご主人様の指も身体も

汚してしまったようです。



恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいになりながらも

絶え間なくやって来る快感に

広い広い海の中で喘ぎ声をあげ続け

自分がどこにいるのかさえ

分からなくなってしまいました。








この記事のURL | その他 | CM(12) | ▲ top
| メイン | 次ページ