FC2ブログ
2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
代筆 XXIII 〜B地区
2017/04/20(Thu)
ちょうど良い気候の頃が短くなった。ここ数年思う事です。
夏日になったり、警報が出るほど荒れたり。
単に天候が堪えるほど歳をとったってことかも知れませんが…(^_^;)

さすがにコート一枚では冷えもあり、
早々に散歩を切り上げて戻りました。
と、言いつつ、戻れば戻ったで裸ですが。

2017041907400217f.jpg


今回の新しいアイテムは、口枷にクリップが繋がった物
個々のアイテムとしては目新しくもないが、
合わさると卑猥度が増す。
ラブホテルのように、はしたない姿を自覚させる
大きな鏡も無いので、こうしてブログを通じて晒し、
読者さんの目を通してさらに辱めてやりましょうか。

20170419074005424.jpg


ボカシでなにも伝わらないのですが、
さらに鼻フックを掛けてやります。
satomiは、これが大の苦手
(得意な女性も少ないでしょうが)
恥じらいと痛みに、フックの引かれる方に
顔を上げ背けて逃れようとするが、
そうすると口枷に繋がった鎖が、
容赦なく乳首を引っ張り上げる。

20170419074004d4c.jpg

痛みから…羞恥心から…乳首に伝わる切なさから
口枷の吐息に艶が混ざり始める。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
この記事のURL | 調教 | CM(4) | ▲ top
代筆 XXII 〜お出かけ
2017/04/15(Sat)
桜色が道端に溜まるようになると、代わって緑が増えますね。
新緑の頃、大きく伸びをしに出かけたくなりませんか?


と言う訳で、今回は出かけた時の様子ですが、
少し前の写真で季節感のズレはご了承ください。

「何を着けましょうか?」
「何処かで撮影されますか?」
一緒に出かける時は必ず訊ねてくるsatomi
露出が好きなのか、
ブログネタの必要性を感じているのか、
単に私の趣味に合わせているのか、
改めて訊いた事はありませんが…

寒い時期のロングコートは便利です。
少々の変態も何食わぬ一般人に仕立てあげます。
エレベーターが来るまで間の僅かな緊張。

20170414130127c8a.jpg



階段では、上階の物音がやはり気になる様子

201704141301256a3.jpg


それでもコートを脱がせます。
ストッキングの下はノーパン。太ももへズラせば
歩きにくさも加わって、心許ない事この上なし。

2017041413012669d.jpg

やるせなさが、また蜜に変わる…
この記事のURL | 露出 | CM(4) | ▲ top
代筆 XXI 〜いたぶる
2017/04/12(Wed)
春に三日の晴れなし。
萌え出る春に必要な雨。濡れた花弁を楽しむくらいの余裕を持って過ごしましょう。

ぞんざいに扱われると、
牝の部分が熱くなるようです。
部屋に入るなり服を剥ぎ取り尻を出させる。
ただし、全部は脱がさない。
穿いている物をズラして情けない格好にする。
このやるせなさが良い。

口枷を咥えさせ、嗚咽すら隠せないようにすると
早くも吐息に切なさが混ざる。

201704111414385a9.jpg


ベッドに倒し、尻を突き出させ、やおらパドルを当てがう
パーン……パーーン…!
一定のリズムは刻まない。
いつ振り下ろされるか分からない恐怖を与えるため。

20170411141436b6d.jpg


決して暴力ではなく、
痛みだけを与える行為でもない。
拘束をしなくても、逃げることもなく
屈辱的な格好と、パドルの音に陶酔するsatomi
尻を襲う恐怖に腰が引けたようなので、
さらに尻を高く突き出させる。

201704111414411fa.jpg


赤く熱くなった尻に負けないほど
その花芯を熱く濡らしているようだ。
牝の匂いが、見るまでもなく著している。

20170411141438de5.jpg



この記事のURL | 調教 | CM(6) | ▲ top
代筆 XX 〜表情
2017/04/09(Sun)
花に嵐のたとえもあるさ…
ちょうど満開を迎える頃の雨。青空に映える桜色の景色を見たかったですが、そもそも菜種梅雨の時期でもありますものね。
皆様におかれましては、嫋やかな春の日に盛りの桜を愛でていただけますように。


satomiからクレームがありました。
「もっとファジーな写真にしてください」
どうやら自身のブログなのに、過激過ぎて
直視出来ないらしい。

と、言う事で、今回は少しトーンをおさえて

20170407073647554.jpg


俯き加減に…

2017040707364907f.jpg


結構首からアゴのラインだけでも表情が出ますね

20170407073650c18.jpg


このアングル、
目の前に持って行くのは何かわかりますね

20170407073650f64.jpg


季節のおまけ

2017040823523375e.jpg

どう?ファジーでしょ (笑)
この記事のURL | 調教 | CM(6) | ▲ top
代筆 XⅨ 〜宴の後
2017/04/05(Wed)
パッと咲いて、サッと散る…
この潔さも桜の魅力でしょうか。
満開はいつ?お天気はどう?と心配してる間に、我関せずと盛りを迎え、春の営みを済ませては散って行く。ヒトの力など及びもしないからこそ、その艶やかな姿に巡り会えた時、圧倒され言葉を失うのでしょうね。


さて姥桜は、上からも下からも生気を垂れ流し
すっかりグッタリな様子。

20170405064324266.jpg


生暖かく湯気が出て生身のようになっている
バイブを抜き取りスイッチを切る。
胸縄を解き、ベッドに放り出すと、
まるで生気の抜けた人形のようだ。

20170405064322862.jpg


呼吸と心拍が戻るのを待って、菱の縄を解く。
satomiも素に戻ったようだが、
跡を覆う下着は着けずに、夕食に出かけるとするか…

201704050643230ef.jpg

この記事のURL | 調教 | CM(6) | ▲ top
代筆 XⅧ 〜タラーリ
2017/04/01(Sat)
さぁ新学期、新年度の始まりですね。
皆さんは、どのようなスタートを切られましたか?
「いい加減代筆は良いから、本物を出せ!」
って声も聞こえて来ますが、今しばらくお付き合いください。

さて、代わり映えのしないのは画像も同じ。
似たようなショットばかりで申し訳ありません。

ボールギャグから漏れ出るのは、
喘ぎと吐息だけではありません。
生理現象として意識では止められないもの
普段は淑女を装っていても、口元の自由を奪えば
流涎を止める事が出来ず、垂れ流し。
一旦乳房を伝い、さらに尾を引き光り垂れ落ちる。

201703302320105da.jpg



秘部に収まったバイブの振動を上げてやると、
同期するかのように小刻みに小股を震わせ、
突き抜ける快楽に顎を上げてはうなだれる。

20170330232008afd.jpg


うなだれると余計に垂らす事になるのに、
厭う間もなく次々に襲い来る快楽に身を任す

20170330232010603.jpg

ただ貪るように…
この記事のURL | 調教 | CM(8) | ▲ top
| メイン |